20歳で倒産に会いました・・・派遣社員をしていた時です

こんにちは、こばりんです^^

 

ぼくは、20歳のときに「倒産」に会いました。

 

 

こばりん
こばりん

血のつながった実の父親のことではないですよ!!(笑)

つまネエ
つまネエ
でっ、出だしから、さぶい・・・・

 

 

派遣社員とはいえ生活するために

働いていたので

倒産には正直ビビりました・・・・・

 

街灯が無くて距離感がわけわかんなくなっている

夜道を歩いているときに、

 

急に道路の穴にハマったような感覚でした。

 

 

「 ッ!!!???

何が起こったんだ???? 」

 

 

「倒産」という出来事は、

ほんとうに一瞬でどんな理由であれ、

 

親から無理矢理グイグイと

手を引っ張られて家に

つれ帰らされる子どものように、

 

強制的に次の道に行かされました。

 

 

そして、人生の底辺を

陸にあがった魚のようにバタバタと

 

もがきながら生きてきた

過酷な経験から

 

 

 俺の人生って何なんだ?

 

このままサーっと

時間だけがすぎて死んでいくのか? 

 

 

周りの人たちから

 

『あんな奴もいたよね。』

 

 

って言われながら

俺はこの世から消えるのか?

 

 

ということを

ふかく深く考えさせられました。

 

まるで真っ暗闇の出口の

見えない洞窟のような

 

日々をどこまでもどこまでも

足を前に出して、

 

 

ズサっズサっ

と探りながら生きているようでした。

 

 

なにも見えないトンネル・・・・・

こっ、こわい・・・・

 

 

トンネルの中を進んで行くうちに

途方も無いほど遠くのほうで、

 

見たことも無いような

光がチラチラと光っているのが

見えました。

 

 

この世に産まれてから

27年間も生きてきて、

 

いまだに本を

読みきったことがない。。。

 

 

小学校によくある

わかりやすくて読みやすくて

文字が大きい本ですら、

 

一冊も読み終えたことが

ありませんでした。

 

こばりん
こばりん
ドラえもんの漫画だけは読んでました

つまネエ
つまネエ
そっ、それはーー・・・、

一応、読んでるからギリギリセーフにしとくかぁ・・・

 

 

そんな僕はなにを思ったのか、

 

 

キチガイになったんじゃないか

 

 

って言うぐらいに

ビジネス書や自己啓発本を

 

何十冊って買いまくっては

睡魔で頭がクラクラ揺れながらも

 

読み漁る毎日が続きました。

 

 

本を読むクセがついてないせいか

わからないですけど、

僕はいまだに

 

本を読むのが苦手です。

 

 

 

だって、本を読み始めて5行ぐらい進むと、

 

「んっ??今なに書いてたっけ??」

 

ってなって、

 

また同じところを

読み始めちゃうんです。^^;汗汗

つまネエ
つまネエ
あるあるっ

 

 

だから、一冊読むのにも

 

だいぶ時間がかかっちゃってます・・・・・

 

こばりん
こばりん
気づいたら寝落ちしてる時もあります

つまネエ
つまネエ
いつも思ってたけど、、、寝つき良いよねーー、、、

 

 

もう今では、

小さい時から読書をしてこなかったツケかな?

って受け止めてます。笑笑

 

何かが変わっていく・・・

 

でも、本を読むのは大好きです。

 

 

なぜって??

 

 

だって、僕が今まで知らなかったことが

本を読むと

知ることができるんです。

 

 

僕は少し前までは

どちらかと言うとネガティブでした。。。

 

 

でも、自己啓発本っていうのを

何冊か見たら、

 

まるで本物のアホみたいに

ポジティブになりました。

 

つまネエ
つまネエ
めっちゃポジティブだよね

 

大人になると今の状況から

マイナスになるかもしれないリスク

取るのって

 

怖くなるじゃないですか??

 

 

小学生の時はなんでも

興味津々でチャレンジしまくり

だったとしてもですよ。

 

けど、今は恐怖に向かって

チャレンジすることが

 

楽しくなってしまったんですよ。^^

 

 

なんて言うんだろうなー、

 

 

 

成長する自分が

楽しくなっちゃったんです!!!

 

つまネエ
つまネエ
おおっとー、なんか勢いが出てきた

 

 

 

新しい自分

変化していくって感覚です。

 

 

で、副業にもチャレンジしました。

 

 

ネットがあれば在宅でもできる物販をはじめてみたところ

たった2ヶ月後に月収10万を稼ぐことができました!!

 

さらには、だんだん慣れてきたのもあって、

1日平均1時間ぐらいの作業で

 

1ヶ月で100万円以上

売り上げて

月収25万を稼ぎ出せるようになりました。

 

 

その後、さらに売り上げは伸びて

最高で205万円ほど

売り上げることができ

この時は月収30万ほど稼ぎました。

 

つまネエ
つまネエ
すっ、すごい・・・

 

 

副業収入のおかげもあり、

それまでは家族旅行に行くなんてことは

ほぼできなかったのですが、

 

年に数回ほど以前よりはお金を気にせず

行くことができるようになりました。

 

その他にも、

テントを購入したり、友達と富士山に登山したり、

1週間のスキー旅行とか

 

少しずつですが、

思い出を作ることもできるようになりました。

 

正直、本業だけではできなかったと思っていて、

副業収入を得ることができるようになった

おかげだと思ってます。

雪国東北の田舎に住んでいます(冬はマジさぶいです)

 

妻と子ども2人と一緒に

中古で購入した一軒家に住んでいます。

 

3年前に中古で購入した家は、

少ーし小さめのいかにも

 

女の子が住んでいそうなカワイらしい

一軒家なんです。

 

実はこの家、激安で買ったんですよ^^

ちょっとした裏ワザです。

 

 

正直、やろうと思えば誰でもできちゃいます。

 

副業でもなんでも起業をしてみると

けっこう美味しい情報が入ってくるようになります。

 

 

で、金額はちょっと言えないんですけど、

建築系の友だちに話したら

 

一般的な値段の半額ぐらい

買えたみたいです。

 

こばりん
こばりん
けっこうな裏技ですけど

誰もやってないですね!!

つまネエ
つまネエ
たしかにやってる人、聞いた事ないなー

本当はドロドロの天使たち

以前は病院でレントゲン技師として

働いていました。

 

職場までは車で片道1時間ちょっと

かけての通勤です。

 

病院って女性の職場

って言われるだけあって、

女性が大半です。

 

女性が多い職場は男にとって

羨ましいですよねー^^

 

 

でも、・・・

「えー!なにそれー!」

みたいなうわさ話なんか

しょっちゅうあります。

 

 

例えば、「医療裁判ネタ」とか

「医者の不倫ネタ」とか

「医者同士の抗争」とか^^

 

聞きたいでしょ???笑笑

 

でも、言いません笑笑

 

 

僕とお話しする機会があった時には

コソッと話すかもしれませんけどね^^

 

 

僕の元職場にはそんな

ドロドロした白衣の天使

がたくさんいるんですよ。

 

 

こばりん
こばりん
もう白衣の天使じゃないですよね

つまネエ
つまネエ
昼ドラみたい・・・

 

iPhoneが人生を変えてくれた

で、11年間も車で通っていますが、

僕の住んでいる田舎だと

 

1時間以上を通勤に使うのは

かなり長いほうなんです。

 

 

そんな通勤でも、

僕にとってたった一つだけ

いいことがあるんです。

 

 

1時間以上の通勤時間を

利用していろんな成功者の音声

を聞いたりできるんです。

 

成功者の音声を聞いてると

すごい変化が起きるんですよ^^

 

 

賢くなったような気もするし、

ポジティブにもなれるんですよ!!

 

詳しくは別のページに書いてますが

簡単に説明すると

 

たまーに天才音楽一家がいるじゃないですか!

 

元々の才能もあるとは思うんですけど、

その才能って黙ってても育たないってのはなんとなくわかりますよね^^

 

才能を育てるために

絶対に必要なのが環境なんですよね。

すごくいい環境にいるから

才能を持った子供は

その才能を開花させることができるようになるんですよね。

 

つまり、成功者の音声を聞き続けるっていうことは

自分の過ごす環境をいい環境にするということなんです。

 

こばりん
こばりん
最近は、著書「金持ち父さん貧乏父さん」で

有名なロバート・キヨサキの音声を聞いています。

つまネエ
つまネエ
そんなに有名なんだー

 

日本人だけじゃなく、海外の経営者が書いている人の本とかをよく読みますが、

けっこう音声を聞いている人はかなりいるみたいです。

 

ちなみに日本で音声を聞く事を広めたのは、

マーケティングのプロフェッショナルと言われている

神田昌典さんと言う方だと思います。

 

で、急に仕事の話に戻るんですけど、

ぶっちゃけた話し、

1時間以上もかけて通勤してる割りに

給料がそんなによくないんですよー・・・

 

 

田舎ってのもあって、

そもそも相場が都会より安いというのもあります。

 

 

まー、周りよりは

少しだけマシなほうではあるんですけど、

 

生活するのに

僕だけの給料では厳しいんですよね。

 

 

これも副業を始めた理由の一つのきっかけなんです。

 

こぶしを握りながら思ったこと

 

で、僕は決断しました!!!

 

つまネエ
つまネエ
おー、いきなり何だ何だ!

 

 

握りこぶしを作りながら。

 

 

 

 

 

 

こばりん
こばりん
ホントは握ってないです。

つまネエ
つまネエ
ちょっとは握ろっかーーー

 

 

 

このままだと俺は

枯れた葉っぱのような人生をいきてしまう。

 

 

このままじゃいられない。

 

俺は俺の人生を生きるんだ

 

 

こばりん
こばりん
こんな感じのことを本当に思いました・・・

つまネエ
つまネエ
アバウト・・・

 

 

そして、夢に向かって

生きはじめた

僕の第2の人生がスタートしたんです。

 

このまま60歳になるのか・・・

 

20代の僕は完全に

人生の路頭で泣き叫ぶ迷子

なっていたんです。

 

 

しかしそれは、とあることをきっかけ

変わることができました。

 

 

それまでは、

まるでまったく先が見えない心に、

 

取り払おうと思っても取れない

モヤ

覆っていたはずなのに、

 

 

そのきっかけのおかげで

急に晴れ始めたんです。

 

なぜなら僕は

自分の進むべきゴール

見えてきたからです。

 

 

副業をスタートして、

できる時間を少しずつ副業にあてていって、

気づいた時には

 

毎月の副収入が10万

超えるようになり

もう少し頑張ると20万、30万と本業並みに

稼げるようになったんです。

 

正直、今では副業レベルで10万稼ぐのは簡単で

20万だったらいつもより少しだけ頑張る程度で

稼げるようになりました。

 

 

一歩踏み出したおかげで

自分の人生が広がってきたんです。

 

とあるきっかけとなったセミナー

真っ暗闇なトンネルから抜け出して

副業で毎月20万を稼げるようになったきっかけとなったのは

次世代起業家セミナーに出会ったからです。

 

初めて出会ったのは2014年11月。

 

ちょうど30歳になったばかりの頃です。

 

講師をしている方は僕の1個下になるのですが、

話している内容や考え方が

同じ人間とは思えないぐらい衝撃的でした。

 

そして、セミナーから副業をする上で

大切な考え方や数字、具体的な行動を学びました。

 

そして、実際に行動したところ

スタートしてたった2ヶ月で10万を稼ぎ出し、

その後も収入を

伸ばすことができるようになりました。

 

実は今ならまだ無料!!

ここまで読んでいただけてるということは

もしかしたら副業などから

お金を稼ぐことに興味があるのではないでしょうか??

 

そこで朗報です!!!

 

実は今なら無料でセミナーを視聴することができます。

ぶっちゃけ僕が初めて見た時は普通にお金を払って見ました。

 

でも、なんの理由かはよくわかっていないですが、

今のうちであれば無料です。笑笑

 

先ほど成功者の人の音声を聞くのは

すごくいい事って話したんですが、

実はこのセミナーでは音声も一緒にもらうことができます。

 

この音声をiPhoneなどのスマホに入れて

通勤途中にイヤホンを耳に突っ込んで

垂れ流しにしてるだけで

だいぶいい感じになってきます!!

 

例えば、僕で言うと、

副業で月収20万稼ぐためにはどこに集中すればいいのか?とか

どのように物事を判断したらいいか?

とかの基準が明確になりました。

 

そのおかげで比較的、短い時間で

月収20万を稼ぐ事ができるようになったと思ってます。

 

今は無料で、もらえるせっかくのチャンスなので

視聴する事をオススメします。

 

きっと僕と同じようにビビビッと衝撃を受けると思います笑笑

 

そのセミナーはこちらです!!

 

アホな半生をストーリーにしました。

僕自身、過去を振り返ってみると

 

ぶっちゃけ自分でも

よくもまー、こんなことやってきたなー(爆笑)

みたいなことを赤裸々に書いてます。

 

 

まじウケると思います^^

こばりん
こばりん
読んでいただいた方から好評でした!

つまネエ
つまネエ
自信あるねー、でも本当に可笑しかった!

 

 

ストーリーが過激なので

ハラハラしちゃうかもしれないです。笑

つまネエ
つまネエ
ハラハラ多すぎだよね・・・

 

【序章】僕が派遣社員の時の給料は〇〇万円でした・・・ 社会人1年目の春は、 就職氷河期と言われていました。 どこにも就職先がなく、 路頭に迷いそ...

じつは家出したこともあります。。。

 

さらに、高校時代にママチャリ

1ヶ月間ほど家出した時に

 

橋の下で寝るとか、

土砂降りのなかを12時間かけて峠を超えたとか

 

信じられない体験をした

爆笑すぎるエピソードもあります。

つまネエ
つまネエ
こんな人いるの!?って感じだよね

ひと夏のチャリんこ家出物語「第1話 腐りきった高校生活」 高3の夏。 それはジメジメした日のこと。 目を開けられないぐらいの土砂降りだった。 僕が実家を出て自分の力で生きていこうと...

 

PAGE TOP