【2章】「たった一つ」の夢を失った中学生時代の発情がまん大会

前回のあらすじ
子どもが持つ特有の興味津々という次元を超えたひらめきでエアーガンを自分に向けて打ち放った。

その瞬間、雄叫びにならない心の雄叫びをあげた。

しかも、打ったのは一度ならず二度も。

 

【1章】「2度も発砲!」エアーガンを「人」に打った破天荒なヤンチャ坊主

 

自由きわまりない思考と行動力を糧に壮大な夢を持った少年の行く末路は夢をむしばんでいく世界だった・・・

 

こばりん
「最初にたったやつ負けだからな!負けたら罰ゲームね!」

 

・・・思春期らしいバカっぽいゲームが始まった!

 

少年が夢を失う

 

小学5年のころからバスケットボールにハマっていた。

野球部に入っていたのに夢はバスケットボール選手という意味不明な夢を抱いていた。

なぜなら、男子バスケットボール部がなかったからだ。

 

マイケルジョーダンという伝説の選手がいた。

当然のように僕は憧れた。

 

その選手モデルのバスケットシューズがファッションとしてモテはやされるほど流行していた。

お金がなかったので悔しくも残念ながら買うことはできなかった。

 

ものすごくバスケを練習した。

そのおかげで僕は中学に行ってからもバスケの実力が結構あったほうだ。

 

詳しくは1章
自由すぎるほどの破天荒さをみせていた小学生時代

読んでいない方は面白いのでぜひ読んでみてください^^

 

自由すぎるほどの破天荒さを発揮していた小学生の勢いをもったまま暗黒の世界である地元の中学校に入学することになる・・・

 

ここから長〜い暗闇がはるかに続く不気味なトンネルに入っていった。

そして、トンネルの中で夢はどこかへと引きづりこまれ、体から魂が抜かれたかのように体から離れていった。

 

こばりん
「もう絶対野球部入んないから!」

 

小学生時代、野球部にいては嫌な思い出ばかりだった。

当然のようにいる先輩のパワハラ軍団。

よくわからないが先輩が絶対。

先輩といえば調子乗ってる。

練習といえば無理やり走らされる。

 

当時、ぜんそく発作をよく起こしていた。

こばりん
「おれはすすんで監獄に入ったバカなのか?」

 

しかも、毎年一回戦敗退、よくて2回戦敗退。

そんな毎日に嫌気が指していた。

 

だから、中学いってからは部活はやらないと固く決めていた。

しかし、学校の取り決めとして何かしらの部活に入らなければいけなかった。

でも、入学早々おれはどの部活にも入らなかった。

 

当然、先輩にはゴチャゴチャ言われた。

そんなときにあることを聞いた。

 

「高校入学のときに部活に入っていると内申書上がるから入っていたほうがいい」というウワサだ。

 

しぶしぶ、造形部という名前の文化部に入ることにした。

 

入部してからは初々しい新入生らしく、さっそくゆうれい部員になった。

 

そんな自由さを発動させながら一年目の夏が来た。

ある休みの日に友達みんなで野球ごっこをやっていた。

 

バカになってしまったのかやたらと野球がやりたくなったのだ。

そして次の日、あれだけ嫌悪感を抱いていたおれは野球部に入部することを決めた。

 

「えええーーーーーーーーーー!!!」

 

野球部という監獄で鍛え上げられた有能ロボット軍団

 

新たな監獄に自分から入って行ったのである。

 

年間休日は3日あっただろうか・・・

毎日が激しい練習。

 

頭を使う練習なんかほぼない。

いや、ない。

身体をシゴいてシゴいてシゴキまくった。

 

頭なんか使わない。

身体に染み込ませる。

 

スポンジに水を吸い込ませるようにではない。

材木に色素を染み込ませるように何日も何日もかけてじっくりと浸からせる。

雨に当たったとしても簡単には流れないぐらいギュウギュウと染み込ませるのだ。

 

ただ、染み込ませるだけではない。

犬が飼い主に褒められたいあまりにベロを出しながら「ハアハア」といいながら、お手やおすわりを「お手」の「お」のタイミングでできるようになるぐらいにまでしつけられる・・・

 

まさに「生き地獄」といえるほどの監獄だ。

 

今だと体罰はテレビや新聞、雑誌でも騒がれるほどになった。

当時はそんなのはおかまい無し。

 

むしろ体育会系で体罰が無いほうが不思議なぐらいだった。

野球部の監督はノックバットの後ろにあるポコッとふくれている所でコンコンと頭をよく叩いた。

軽くやっているようだがメチャクチャ痛い。

 

こばりん
「お前はどのぐらい痛いのかわかってんのか?」

と思っていたが、そんなこと言えるわけがない。

 

とりわけコーチは筋肉バカだった。

脳みその中まで柔軟性が全くない本物の筋肉バカだった。

 

高校まで本気でプロ野球選手を目指していたらしい。

小学生の頃から毎日腕立て伏せを10回やっていたらしい。

今だからわかるが、それでプロになれるわけがない。

 

コーチのやるデコピンがバカみたいに痛い。

「もしかして、デコピンのプロになったのか?」

というぐらい痛い。

 

普通デコピンは中指を親指にひっかけて、親指からはずれる反動で「バチーーーン!」

といくものである。

 

コーチは違った。

筋肉バカのやるデコピンは普通じゃなかった。

 

中指から小指の4本指を親指にひっかけるのだ。

要は中指だけじゃなく、ピアノを「ボロロロン」と弾くリズム感で4本指を連続ではじいてくる。

「反動が弱いから痛くないんじゃないの?」

と聞こえてきそうだがそうじゃない。

 

小学生の頃から毎日腕立て伏せを10回やったのはダテではない。

まさにこの最恐のデコピンを完成させるためにあったのだと言わざるを得ない。

 

しかし、これが必殺技ではない。

最終奥義があるのだ。

もしかしたら一子相伝かもしれない。

 

手のひらで顔面を覆いつくすように親指、人差し指、薬指、小指で顔面を抑えるのだ。

そして、反対の手で残った中指を弓矢のように「ギリギリ、、、、」としならせ、おでこに狙いをさだめたら「パーーーン」と中指を解き放つのだ。

 

「バチーーーーーーーーン!!!!!」

 

音とともに頭は身体とともに後ろへ跳ね飛ばされる。

すかさず獲物は顔面を抑えながらそこら中をのたうちまわるのだ。

まさに昭和の日本が作り出した人間兵器だ。

 

挙げ句の果てにコーチは「脳みそ筋肉&先生」という立場を利用して日常的にパワハラをしてくるから厄介なやつだった。

 

野球グラウンドのとなりには柔道場があった。

柔道場では壮絶なパワハラがあった。

小学生時代に一緒に雑草にチョコをつけて食べていた幼なじみが柔道部だった。

 

部活中に柔道場の横を歩いた。

そのとき、幼なじみが練習のまとめ役をやっていた。

 

幼なじみ
「組手ーーーー!」

 

と、練習の掛け声をかけたとき

「パーーーーン!」

と甲高い音がした。

 

幼なじみ
「いってーーーーーーー!!!!!」

 

幼なじみが叫んだ。

なんと竹刀で作った柔道部監督お手製のムチで幼なじみを

柔道部監督
「声がちいさい!!」

と言って叩いたのである。

 

幼なじみは言い放った!!!

幼なじみ
「くみてぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーー怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒」

 

柔道部の監督はちょんまげ悪代官のようにニタニタしながら言い捨てた。

柔道部監督
「それでいい」

 

ウワサには聞いていたが、柔道部とは恐ろしい鬼の住みかであるとつくづく思った瞬間であった。

きっとこの監督は地獄に落ちるだろう・・・

 

さすがは野球部も柔道部も野球マンガ星飛雄馬並みのパワハラを受けていただけある。

県内では強豪チームだった。

 

考えるより先に身体が反応してしまうぐらいに調教された分の結果はだしていた。

野球部に関しては最後の県大会3位、柔道部も似たような成績だった。

 

野球部が終わったときはさすがに

こばりん
「終わったぁーー^^」

と心の底から思った。

 

そして心から誓ったことがある。

こばりん
「高校では絶対野球をやらないっ!!!」

事実上、人生から野球部を引退した。

 

おバカな5人がやった発情がまん大会

 

高校受験を前におバカな5人が集まった。

 

受験前だというのにおかまい無しで遊んでいた。

あるとき、おれの家に集まる機会があった。

 

そこでやったのが、「AVみてどれだけ我慢できるか選手権」

 

どう考えてもバカな企画だ(笑)

一生に一回しか経験したことがない企画だ。

 

ルールはいたって簡単。

AVをみながらどれだけ立つのを我慢できるかというものだ。

 

念のために制限時間を15分とした。

ちなみに制限時間は全く意味がなかった。

 

小さな目から目ん玉が飛び出るぐらい恥ずかしいから本当は言いたくないが、見る前からギンギンにたっていた。

試合は始まる前からすでに終わっていたのだ。

 

酷な話しだ。

噴水のようにあふれ出る妄想力をもった中学生がビデオを見る前から想像しないなんてありえない。

お互いそんなことは露も知らずに闘いの火蓋がきられた。

 

5人は目の前のテレビで繰り広げられる様をみて全員が立ってないフリをする。

 

大丈夫だ。

全員がガンダチだから・・・

そして、15分が経った。

 

それぞれはたったかどうかの話しは一切せずに壮絶な闘いの幕を閉じた。

全員が試合開始の前からノックアウト宣言のタオルをリングに投げていたに違いない。

 

次章

【3章】恋愛に部活、青春まっしぐら!なんて幻想は一切ない!人生の歯車がガタガタと崩れ落ちる

夢を失ったこばりんが次に通ったところはカベケリという儀式が評判名高い工業高校へと進学した。

思春期真っ盛りの多感期には忘れられない出来事が数多く起きた。

孤独、人間不信、家族との決別、自分のみじめさ、そして1人で生きていく辛さを思い知らされた・・・

コメントを残す