節約すると幸せになれるの?幸せな生活を送るためのたった一つの考え方

結婚をしたからといって生活費などの出費は独身時代に比べて意外と増えないものです。

 

それでも、将来のために貯金をしておきたいという理由から生活費を節約する夫婦はとても多いです。

理由は夫婦の収入が潤沢にあれば節約する必要なんかないのですが、実際はそんな夫婦は滅多にいません。

 

通常、会社に雇われているなら決まった給料を毎月もらって、それから生活費を払っていきます。

収入がたくさんあれば苦労しないんですけどね・・・

節約する方法はたくさんあるけど、なんのために節約するの?

節約ってよく聞きますけどなんのためにやるんでしょうか。

それは稼いだ金額の中で生活をやりくりするためですよね。
そして、将来のために貯金をするんですよね。

お金が貯まっていく方法は2通りしかありません。
収入を増やすか、支出を減らすかのどちらかです。

 

節約っていうのは支出を減らすことを目的とした方法です。
でも、本当なら収入を増やしたいじゃないですか。

だって、節約って好きでやってるわけじゃないですよね?
好きでやってるとか趣味だとかいうなら別にいいんですけど、節約を好き好んでやる人はなかなかいないですよ。

 

どうせお金を貯めるなら、好きなことをやりながら貯めていきたいじゃないですか^^

地道にお金を貯めたところで、ヨボヨボになった時に何も思い出がなかったなんてなったら悲しくないですか?

でも、生活しながらお金を貯めるには節約するしか方法が思い浮かばないんですよね・・・

節約できることはたくさんある

生活費の項目はたくさんありますね。

生活費の項目
  • 住居費
  • 食費
  • 水道光熱費
  • 医療費
  • 交通費
  • 教育費
  • おこづかい
  • 雑費

ザッとこんなところでしょうか。

交際費や服を買う費用はおこづかいに含まれるとします。
世の中にはこれら項目の節約する方法があふれています。

 

しかも、節約方法は書店で本や雑誌が売られるぐらい需要がある分野です。

よくある節約方法
  • 一軒家が欲しいなら若いうちに買った方がいい
  • 外食は月に1回までにして自炊すべし
  • 通勤は公共機関を使わないで自転車にする
  • スマホは格安SIMがいい
  • 服は着れるうちは我慢する
  • 使わない部屋の電気は消す
  • 使っていない家電のコンセントは抜く
  • 子どものおもちゃは安いやつだけにする
  • すり傷ぐらいならばんそうこうを貼っておけ
  • 教育は将来への投資だから頑張れ
  • 保険は最小限にすべし

などなど

巷にはいろんな節約方法があります。
お金に関わる資格をもっている人でも節約を進めてきます。

そういうお仕事なんだと思いますが・・・

一つ考えてみてください。

 

節約することは家族を幸せにすることなんでしょうか?

 

今の生活するためには節約は大切だと思います。
でも、節約だけをする人生は楽しいんでしょうか。

お金に関わる仕事をする人は節約生活から抜け出すための方法を教えるべきだと僕は思います。

まーそれができないから節約の仕方を教えるしかできないんでしょうけど・・・

 

全国平均の生活費はあなたの幸せの目安にはならない

 

夫婦の生活費は「ゼクシー新生活基準」の調べでは、2016年の全国平均は「1ヶ月22万円」です。

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ ゼクシィ http://bridal-souken.net/data/trend2016/XY_ML16_report.pdf

あなたの家庭の生活費はいくらですか?

 

「1ヶ月22万円ですか?」

仮に22万円だったとして幸せですか?

この問いに「イエス」と答えられなければ、この統計は無視した方がいいです。
統計はあくまでも統計であって、あなたの幸せとはまーったく関係ないです。

 

「自分は全国平均と同じ生活費だから幸せだわ」なんて思う人はいるのでしょうか?

 

そんなことないですよね。
この問いにイエスと答えられなかったなら、イエスになる為にはどうしたらいいだろうか?と考えた方がいいです。

 

その方が家族の幸せがグッと近づきます。

 

節約のことだけを考えていたら節約する生活しかできないんです。

そして、節約はあなたの人生を幸せにはしてくれません。

今の生活を続けることができると思っているならそれは間違っている

 

ここ最近の時代の流れってすごく早く感じませんか?

 

数年前に政府は「国民年金の100年安心計画」なるものを打ち出しました。

10年も経たないうちにその計画は破綻へ向けて進んでいます。

 

そして、2017年には年金をもらうための負担が増額されました。
年金を受給できる年齢もジワジワと引き伸ばされ、そのうち受給開始年齢が70歳になるかもしれませんね。

年金に関してはそんなネガティブな背景があります。

 

現在は情報革命が起きている!

別の視点から見ると今は完全に情報社会です。

数年前にはガラパゴス携帯だったのが、一気にスマホが広まりました。
ウインドウズ95で一気に爆発したパソコンは今や社会の必需品です。

そして、スマホとパソコンとタブレットを連動させるだけではなく、時計や家電や車などの生活用品とも連動しています。

 

これは明らかに情報革命が起こっています。
この革命はウインドウズ95あたりから起こっていると言われています。

この革命は100年起こり続けます。

この革命が始まってからはまだ20年ほどしか経っていません。
ウィンドウズ95が出てから20年だからです。

時代はこれからまだまだ変化します。

 

だから、今自分が存在している場所に、20年後まだそこにいるとは思わない方がいいです。

20年経ったとしてもまだ革命の折り返し地点です。

さざ波だった時代の流れが、どんどんと大きな波に変わっていっています。

節約スキルを磨くよりも稼ぐスキル磨いた方が圧倒的に幸せになれる

節約するスキルは必要かもしれません。

しかし、一生ではありません。
それより大切なスキルがあります。

 

それはお金を稼ぐスキルです。

 

ちまたには節約するスキルが溢れかえりすぎています。

そして、幸せに対する本質から明らかに遠ざかっています。

どう考えたって、節約するよりお金を自由に使える方が幸せだと思います。

 

そう感じませんか?

 

僕は肌感覚で感じてしまいます。

 

でも、なかなか節約生活からは抜けられないですよね・・・

節約をしてて幸せってこともありえないのもわかるんだけど、やっぱり行動ができないんですよね・・・

ただ、ホントの幸せって節約生活じゃないってことは分かるんですよね。

 

誤解しないで欲しいのは、僕は節約をするのはダメだといってないです。

 

節約するのが幸せじゃないなら

「お金を自由に使えるためにはどうしたらいいんだろうか」
「そのためにはどう行動したらいいんだろうか」

ということに時間を使った方が圧倒的に楽しい生活の方向に時間が進んでいきます。

 

時間は当然のように過ぎ去っていきます。
人生を幸せにいきたいなら、時間を大切にしなきゃいけないです。

節約するのに使うのか。
お金を稼ぐために使うのか。

そして、稼いだお金でやりたかったことをやる。

お金はやりたいことをやるためのツールでしかないですからね^^

 

お金を稼いで、自分自身の思い描く幸せな生活を目指してみませんか。

少しでも稼げるようになるために最初の一歩を踏みだしてみましょう^^

 

コメントを残す